前へ
次へ

医療機関で手術を受けるときに選びたい麻酔方法

痛みを伴う治療を行うとき、事前に麻酔を行うかもしれません。
身近な治療では親知らずの抜歯の時などに受けることがあるでしょう。
歯を抜くときは相当な痛みを伴いますが、麻酔をしていればそれを感じることはありません。
では医療機関において腹部を開腹したりするときはどんな麻酔を行うかです。
実は医療機関によって麻酔方法が異なり、それぞれの内部事情によって取られる方法が変わるときがあります。
手術の件数が多い医療機関においては、麻酔の準備があまりかかる方法を好みません。
すぐに麻酔がかけられる方法が取られますが、手術後に麻酔が切れると痛みが出て苦しくなります。
痛み止めなどの処置をしてもらえますが痛みはそれなりに覚悟しなければいけないでしょう。
一方麻酔方法の中には術後の痛みをコントロールしやすいものもあります。
患者の傷みをよく理解してくれる医療機関ではその方法をとってくれるところもあり、選択できるのであれば選ぶと良いかも知れません。

Page Top