前へ
次へ

医療機関で手術を受けるときはその方法を確認

内臓に問題がある病気の時、治療方法として手術をしなければいけないときがあるでしょう。
一般的に手術はメスなどで開腹をし、必要な処置をした後に縫合をして終わります。
どうしても術後に大きな縫合痕が残ってしまいますがそれは仕方がないでしょう。
医療機関によっては内視鏡手術を行ってくれるところがあり、開腹手術に比べると体への負担が少ないとされています。
内視鏡手術は腹部に2か所の小さな穴をあけ、そこから手術の器具を入れて行う方法です。
単純に考えると開腹手術と内視鏡手術なら内視鏡手術の方が負担が少なく、傷痕も小さくなります。
しかし医療機関によって内視鏡手術ができる医師の数や症例が異なることを知っておきましょう。
内視鏡手術は開腹手術と違って実際に患部を診て処置を行うわけではありません。
画像などを使いながら行うためにそれなりの技術が必要になります。
一定の症例があり設備が整っているなら受けても良いでしょうが、症例が少ないなら遠慮した方がいい時もあります。

Page Top