前へ
次へ

確定申告時には医療控除を受けよう

確定申告をする際、この1年にかかった医療費の控除を受けられます。
所得に対してどのくらいの金額が戻ってくるのかといった計算をすることになるので、人によって戻ってくる金額は異なります。
基本的には10万円以上の医療費が1年でかかっていれば戻ってくることになっています。
そのため、入院をしたり手術をしたりした人は戻ってくる可能性が高いと言えるでしょう。
また、家族全員の医療費を合算することで、軽く10万円を超えることがあります。
扶養家族になっている人は家族みんなで申告ができるので効率的です。
治療費のみならず、その時の交通費や薬代など、いろいろと細かく申請できるところが便利です。
少しでもお金が戻ってくるのならきちんと請求した方がいいでしょう。
特に長期にわたる入院をした人なら軽く10万円を超えるはずです。
ケガや病気の治療で入院をした人はきちんと領収書をとっておき、計算してみましょう。
漏れがないようにすることが大事です。

Page Top